曹洞宗 江戸三ヶ寺 萬松山 泉岳寺

English

泉岳寺について

  • 泉岳寺概要
  • >
  • 泉岳寺について
  • >
  • ホーム
  • 泉岳寺概要
  • 泉岳寺の歴史
  • 境内案内

泉岳寺概要

泉岳寺は曹洞宗の寺院です。
曹洞宗のご本山は二つあり、一つは道元禅師が開かれた福井県の永平寺、もう一つは横浜鶴見の総持寺です。

道元禅師の主著は仏教の真髄を表した『正法眼蔵』という95巻に渡る書物です。
さて、泉岳寺は慶長17年(1612年)に門庵宗関(もんなんそうかん)和尚(今川義元の孫)を拝請して徳川家康が外桜田に創立した寺院です。
(現在の警視庁の近く)

しかしながら寛永18年(1641年)の寛永の大火によって焼失。そして現在の高輪の地に移転してきました。時の将軍家光が高輪泉岳寺の復興がままならない様子を見て、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名に命じ、高輪に移転した泉岳寺はできあがったのです。

浅野家と泉岳寺の付き合いはこの時以来のものです。
一般的には赤穂義士のお墓があることで有名ですが、創建時より七堂伽藍を完備して、諸国の僧侶二百名近くが参学する叢林として、また曹洞宗江戸三か寺ならびに三学寮の一つとして名を馳せていました。

その家風は引き継がれており、人数は少ないものの、大学で仏教を学びつつ泉岳寺で修行を勤めるという若い修行僧が、現在もいます。

宗旨・宗派について

1. 名称(稱)

曹洞宗(禅宗)と申します

2. 伝統

曹洞宗は釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)より代々の祖師方が相承(うけつが)れて来た佛法であります

3. 日本開宗

曹洞宗は今から八百年ほど前鎌倉時代に高祖道元禅師さまが我国に開創(ひらか)れ四代目の太祖瑩山禅師さまが盛んにされました
このお二方を宗門では両祖大師と申し上げます

4. 大本山

福井の永平寺(高祖 道元禅師様ご開創)
鶴見の総持寺(太祖 瑩山禅師様ご開創)

5. 本尊

曹洞宗は釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)を御本尊と仰ぎます

6. 本尊唱名

南無釈迦牟尼佛

7. 教義

私達は佛の御子であります しかし日々佛の御心にそわない生活を繰返していますので反省し懺悔して佛の御子であるという確信に目覚めましょう
この時始めて帰依の心が強まり毎日の生活が自ら正しく明るい生甲斐が感ぜられて世間のお役に立つことを喜ぶようになりますここに端坐合掌して感謝報恩の生活を営みどんな苦難にも負けない真に安心立命の日おくりが出来てまいります

8. お経

修證義 般若心経や観音経壽量品等の大乗諸経典をお誦み致します

ページトップへ戻る