曹洞宗 江戸三ヶ寺 萬松山 泉岳寺

English

泉岳寺について

  • 泉岳寺の歴史
  • >
  • 泉岳寺について
  • >
  • ホーム
  • 泉岳寺概要
  • 泉岳寺の歴史
  • 境内案内

泉岳寺の歴史

萬松山泉岳寺の縁起

当萬松山泉岳寺は、慶長17年(1612年)、徳川家康が幼年、身を寄せた今川義元の菩提を弔うため、江戸城に近接する外桜田の地に創建し、門庵宗関和尚(1546年~1621年)を迎えて開山となしました。宗関和尚は永平寺の道元禅師によって開かれた曹洞宗の第4代瑩山禅師開創の総持寺の門派である太平山大中寺(栃木県)の十一世建室宗寅和尚(義元の実弟)の高弟であり、今川義元の孫と云われる人物で、度々登城を請われ法問を聴取されたと伝えられています。

当寺の萬松山は松平の松より、「松萬代に栄ゆる」の意から、寺号泉岳寺は、徳川に因み、「源の泉、海岳に溢るる」の意からつけられたと旧梵鐘の銘に記されています。

寛永18年(1641年)の大火によって伽藍が焼失、三代将軍家光(1604年~1651年)の命により現在の高輪の地に移転再建されました(一説に移転は正保年間〈1644年~1648年〉とも)。
この移転に際しては、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷(みずのや)の五大名が尽力して完成したその因縁により、爾後この五大名が共に檀越となり外護の任に当っています。

江戸時代当寺は曹洞宗の江戸三ヶ寺(青松寺・総泉寺と泉岳寺)の一つとして、大僧録たる関三刹(埼玉県龍穏寺・千葉県総寧寺・栃木県大中寺)の下、特に本寺大中寺の下で触頭として曹洞宗の行政面の一翼を担いました。

また、吉祥寺旃檀林・青松寺獅子窟とならぶ江戸三学寮の一つとして重きをなし、宗内外の碩学によって仏典・祖録・漢籍等が講じられ、曹洞宗僧侶の養成に大いに寄与しました。山門から中門の両側には出身地別の九棟の寮舎が並び、常時二百名程の学僧が修学していたといいます。

また、赤穂藩主浅野家の菩提寺であったことから、元禄15年の義挙(1702年12月14日)の後は、赤穂四十七義士の墓所としても知られ、討入り約50年後より上演された歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」の興行が盛んになるに伴って一層多くの参詣者が訪れるようになりました。

現存する山門は天保年間に当寺34世大道貞均和尚によって建立され、二階には釈迦三尊及び十六羅漢が安置され、一階中央天井には我が国彫金の名匠、関義則の龍蟠が嵌め込まれています。

明治初期には廃仏毀釈の余波を受けて、やや荒廃を余儀なくされましたが、当寺40世圓頓霊巌和尚の地道な努力と創意工夫とによって本堂、庫院を恢興し、また煉瓦造りの義士宝物館を創設し、既存の石巒師資制作の義士像を展示する木像堂と共にこれらを公開することによって広く衆望を集めて寺運の再興を果し、次代の41世普天霊明和尚がこれを継承して関東大震災に崩壊せる義士宝物館を再建し、書院を新築して、寺域の拡張・整備に努め、明治・大正・昭和に跨る当山の隆昌期が築かれました。

然るに先の第二次世界大戦の戦渦に遭遇し、山門・義士館(旧義士館=現講堂)以外の諸堂が焼失し、歴代の功業は大いに削がれてしまいましたが、次の42世祖天凖爾和尚は戦後の苦境の中に諸堂の再興を発願し、遂に昭和28年(1953年)に本堂の再建を果し、以後これが継承されて現在に至る伽藍・境内等の整備が戦後復興の一環として続けられています。

先年義士討入り三百年を記念し、浄財を募って浅野家の塋域(史蹟)を整備し、新たに赤穂義士記念館(平成13年開館)を建設して、
寺宝と共に大石良雄の書状をはじめとする赤穂義士関係の資料を展示して、赤穂義士の已むに已まれぬ心情を伝承することに資しています。

平成16年、江戸期の学寮の伝統と戦前に宗門の宗義自覚の発露であった道元禅師鑚仰会の活動等を再興すべく、泉岳寺学寮講座を開設し、漢学・仏教学・宗学の各講座を毎週開講し、また参禅会を公開して道俗の好学の士の渇望に応えています。

泉岳寺 歴史年表

西暦 泉岳寺の歴史 日本の歴史 西暦
    関が原の戦い 1600年
1612年(慶長17年) 江戸幕府の初め外桜田の地に創立    
    鎖国を断行 1639年
1641年(寛永18年) 寛永の大火により焼失、五大名の尽力により高輪に移転    
1701年(元禄14年) 浅野長矩公の墓が建立される 殿中刃傷事件 1701年
    浅野遺臣、吉良善央を討つ 1702年
1703年(元禄16年) 赤穂義士、主君の墓側に葬られる    
1836年(天保7年) 中門再建される    
天保年間 山門が再建され、江戸名物となる 大塩平八郎の乱 1838年
1921年(大正10年) 大石内蔵助の銅像完成除幕    
1923年(大正12年) 関東大震災により義士館倒壊 関東大震災 1923年
1925年(大正14年) 鉄筋にて義士館再建落成される 普通選挙法公布 1925年
1932年(昭和7年) 中門大修理、総欅造りとなる 五・一五事件 1932年
1945年(昭和20年) 大空襲により本堂焼失 ポツダム宣言受諾 1945年
1953年(昭和28年) 本堂、再建落慶される    
2001年(平成13年) 討ち入り300年に因み、赤穂義士記念館建設落慶    
2004年(平成16年) 旧義士館を改修。一階を講堂とし学寮講座を開始    
2005年(平成17年) 旧義士館二階を義士木像館として、公開開始    

ページトップへ戻る